心中ペンギン

アイドルという概念と死の話が好きなオタクです。好きなもののこと、考えたことなどを書きます。

ジュゴンのぬいぐるみがほしい

こんにちはあめこです。知ってる人は知っているかと思いますがわたしはペンギンが大好きで、それどころか自分のことをペンギンだと思い込んでいる節があり(精神異常者ではありません。)、そんな事からずっとJupiterの水族館イベントを望んでいました。あと個人的にもふもふえんとの絡みが好きなのでそこできて欲しいな〜と思っていたのですが。

きました。

北斗は前回のガシャSRから一年以上期間が空いていて、予告文を見ても北斗だとしか思えなかったんですよね。さらに水族館の可愛い生き物…これはもうペンギン以外ありえません。ペンギンは可愛い、可愛いはペンギンです。SRでわたしのアバターであるペンギンと触れ合う担当アイドルが見れるのか?もしかして運営は俺のツイッターを見ているのか?と、完全に正気を失ったオタクと化しながら、イベント開始日を迎えました。


更新後表示されるガシャフラッシュのタイトルはなんと「ペンギンショータイムガシャ」。これはもう"勝ち"を確信しましたね。わたしはこのカードのために生きていたのだと……
ガシャRのなおくん、しろーくんのフラッシュを終え、ついにペンギンと伊集院北斗、邂逅──と思ったのですが。

ひっくり返っちゃった。可愛いペンギンを抱く可愛い翔太、実際これは優勝です。フォロワー曰く、ガシャSRの可能性は翔太と北斗で半々くらいだったみたいなのでローテ的にもキャラ的にもおかしな人選ではない…。個人的にはもふじゅぴ水族館、ペンギンショータイムガシャときて最後の最後でこれ!??!??となってしまいましたが…本当に可愛い…。

北斗はここできたら初の16コストSRということもありかなり期待していただけにちょっとショックだったのですが、久しぶりに報酬Rが来てくれて良かったですね。ペンギンではなくジュゴンを抱いていますが。ぬいぐるみだろうが人外だろうが女の子には優しくしないといけないという考えの伊集院北斗、最高すぎる。本当に可愛い。
あとチェンジ後の衣装を考えるとこれでSR消費するのもアレだった気がしますね…。似合ってなくはないけど似合ってるわけでも……。


アクアリウム伊集院北斗、カードのセリフといい雑誌といいどれを取っても良かったです。北斗雑誌1コマ目家族のドライブすぎて涙出ちゃった…。あと信頼度MAX時のマイデスクセリフが超〜〜"LOVE"だったので、時間見つけて水族館に行きたいと思います、北斗と。実際にはアクリルを持ったオタク一人の水族館訪問になるんですが……。

ところでせっかちすぎてガシャ始まる前にとりあえず5万分入れてしまっていて、使い道がなくなりどうしようか悩んでいます。この行き場のない5万円……。

油性で書いちゃったから消えないI Love U

ミッドナイト清純異性交遊を聞いています。アイドルのことを考えるときはいつもこれを聞きます。大好き。この曲、すごく「アイドル性」或いは「女の子性」を表現していると思います。わたしはそういう曲が大好きです。今は男性アイドルのこと考えながら聞いてますけど…。
ミッドナイト清純異性交遊は大森靖子さん自身の好きなアイドル、道重さゆみさんのことを書かれた曲で。さゆみさんのエピソードだとか曲名だとか、そういったさゆみさん要素がかなり入れられているらしいのですが
大森靖子「ミッドナイト清純異性交遊」を道重さゆみヲタが読み解いてみた - Togetter
それを何も知らないわたしが聞いても胸にくる曲なんですよね。それってすごいことだなーと思います。自分が好きな人の曲を作って、それを聞いた人に影響を与えるってなかなかできることじゃないよなあ。



そんなわけで夜中にCDケースにI Love Uを書きました。油性で。北斗の場所に。なんとなくエンジェルちゃんの気持ちになっちゃったな。


北斗………北斗くん。北斗くん…「エンジェルちゃんのわたし」から見た北斗くんは、完璧なアイドル。かっこよくて、歌が上手くて、ダンスもできて、もちろんビジュアルも最高。街で見かけた時に話しかけても嫌な顔ひとつしない、それどころか嬉しそうにする北斗くん。ファンサが神な北斗くん。「チャオ☆ってして!」のうちわを見てくれる北斗くん。目を合わせてくれる北斗くん。


わたしは伊集院北斗のプロデューサーを選んだので、エンジェルちゃんにはなれません。エンジェルちゃんから見る伊集院北斗を、想像するしかありません。だけどこんなにかっこいいアイドルのファンで、「エンジェルちゃん」なんて呼び名を与えられて、彼女らが幸せじゃないわけがないよな〜と思うのです。

伊集院北斗を好きになるまでとこれからの話

こんにちはあめこです。

tokeiさんのこの記事を読んで「わたしもこういうの書きたい!!」と思って今書いています。
数年ゲームを続けていた中で以前からいたまゆを突然好きになってしまった、というtokeiさん。対してわたしは始めてわりかしすぐ好きになってます。出会って好きになるまで3日です。
わたしの一番最初の記事でも伊集院北斗との出会いなんかを触れてはいたのですが、もっと詳しく書きたいし、独立した記事であってもいいなあと。残念ながら北斗と出会った時のツイートなどは消えていて貼ることができないのですが、記憶を頼りに書いていきます。

アイドルマスターSideMとの出会い

まずはここから。わたしがモバゲー版SideMを始めたのは2017年8月のことです。数年遡ると、わたしが前の前の別ソシャゲをやっていた時にサイドエムは事前登録を開始していたと思います。もしかしたら事前登録ではなく情報初出しだけだったかもしれませんが、リリース前の段階からRTで画像を見て「アイマスの男版が始まるらしい」って感じで存在は知っていました。桜庭薫の顔に釣られてやるつもりでした。結局その時にハマることはなかったです。
それからもその別ソシャゲで出会ったフォロワーに何人かサイドエムのPがいて、キャラクターをすすめられたりしましたが結局手を出すことはなく。すすめられたのは専ら九十九一希でした。その別ソシャゲでわたしが狂ってたのがメカクレ文学少年だったからですね…。その時のフォロワーが舞田Pで、毎日舞田類のことを言っていたので、舞田類の存在もずっと知ってました。けん玉を食べる(?!)という知識しかありませんでしたが…。
ちょうどわたしはその時ローソンでバイトをしていて、いつだかバレンタインデーにサイドエムのコラボ商品が出ました。使用されていたイラストはバレンタインライブ2014の伊集院北斗、舞田類、鷹城恭二、ピエールのカード。思えば伊集院北斗をちゃんと見たのはこれが初めてだったと思います。なんという偶然。今思えばあの時!って感じなので、注目して見るとかはなかったです。あ、○○さんの好きな舞田類じゃん!チラシの写真撮ってツイッター載せよ!で終わった。予約制のものだったので現物を見ることはなかったですが、1件わたしが予約を受け付けたのを覚えています(ド田舎…)。

ゲームを始めた頃に話を戻します。そもそも急にサイドエムを始めようと思い立ったのは、ライブオンステージ…エムステの影響です。あの頃とんでもない数の事前登録を要求されたPたちの「事前登録してください!」ツイートがたくさん回っていて、それでサイドエムの存在を思い出しました。その時すごい虚無で暇してた時期だったので、エムステがリリースされたら始めてみようと。じゃあある程度キャラクター見て好きな子見つけておいた方がいいよね、と思いモバゲー版サイドエムを始めました。結局モバゲー版の方にハマることになるのですが。
どうもわたしは数年前にちょっとやっていたみたいで、初心者ガシャの【花開く才能】鷹城恭二が弊社に所属していました。あと社長が継続出勤ボーナスもたくさんくれました。ほぼ無断欠勤なのに優しいなあ…。
その頃開催されていたのはBeit、Legendersの「Happy Resort Wedding」…所謂婚活イベント。なんかすげえイケメンのウエディングカードたくさんある!!なんで8月にウエディングしてんの!?と思ったのを覚えています。デッキの関係ないマラソンイベだったので、ちょっとやってポイント報酬のみのりをゲットしました。何人か可愛いな、好きかもと思う子はいても「担当」と呼べるアイドルはいませんでした。

伊集院北斗との出会い

とりあえずゲームを始めたらガシャを回すもの。ということでプラチナチケットでガシャガシャしたところ金人間を引きました。【オフショット】伊集院北斗。これが出会いです。第一印象は「なんか出た」「チャラそう…」といった感じで、特別好印象とかではなかったです。そもそも初めてSR引いたのにその時のスクショを残していない時点で、そういうことですね。わたしの好みって黒髪または暗色髪、メカクレ、地味根暗系、愛が重い、だったので、全然違ったんです、伊集院北斗

伊集院北斗が好き…?

結局担当アイドルに出会えないまま、ユーザーの方々が編集しているwikiに辿り着く。そういえばあの人がどんな性格なのかちゃんと知らないなあ…と思い、セリフを見てみました。そしたら、思っていた通りな部分もあったけど、全然違う部分もあって。やっぱりチャラい…あれ、でも意外とちゃんとしてるんだ。ていうかPに敬語なんだ!?なんて調子で、wikiを読んでいるうちにどんどん伊集院北斗のことが気になってしまう。
特別印象に残ったセリフが【チョコレート王子】の「ひどい男だと思ってます?…俺も時々、そう思います。」。このセリフは今でも本当に大好きで大切に思っています。カード絵もすごくアイドル伊集院北斗って感じで大好きです。
一通りセリフを確認した後、深夜にイベントアルバムや雑誌を夢中で読みました。どうしよう、伊集院北斗のこと好きかもしれない!!という内容のツイートを何度かしたのを覚えています。

伊集院北斗が好き

「好きかもしれない」から「好き」になるまでの間に何があったのかはよく覚えていません。でも多分、「諦め」だったと思います。
好きかもしれない…と言っていた頃から、絶対に伊集院北斗が好きだったんですよ。わたしは。これはオタク特有の能力だと思うんですけども、「この人にハマったら抜け出せない」と予感して必死で抵抗していたのが折れたのだと思います。仕方ない、北斗かっこいいもんね。
そこからはゼリーを貯めて過去カードとトレードして貰ったり、ツイ垢を作っていろんなプロデューサーさんとお知り合いになったり、自分のブログがバズったりしました。

なんでここまでいろんな人に読んでもらえたのか今でも不思議なのですが、本当に嬉しかったなあ。何より「このブログを読んで北斗さんはすごく素敵な人なんだと思った」といった感想を下さる方が何人かいて、それが一番嬉しかったです。ゲーム外にはなりますが、初めて「アイドルの魅力を広める=プロデュースしてる」と実感した出来事です。

わたしの考える伊集院北斗

わたしの考える伊集院北斗は、「容姿の優れた普通の人」です。やっぱり自分の伊集院北斗像はこれに落ち着きます。
もちろん性格、冷静さ、大人な考え方などいろいろな長所や魅力がありますが、彼は決して特別な天才ではない(人としても、アイドルとしても)です。ましてや天使でもない。普通の人間がステージの上でアイドルをしている、それが伊集院北斗だと思います。

伊集院北斗に思うこと

伊集院北斗といろんな仕事をやって、たくさんの伊集院北斗を見てきました。伊集院北斗も同じようにいろんなプロデューサー─わたしを見てきたと思います。
伊集院北斗は絶対にアイドルになりたかったわけじゃなくて、むしろアイドルには興味がない方でした。そんな風に執着のない人間が、こうしてアイドルを続けてトップアイドルを目指そうとしている姿が、すごく輝いて見えます。
伊集院北斗のことを知るたびに好きになっていくし、これからも一緒に歩んでいきたいと思います。伊集院北斗のことがどうしようもなく好きなんですよね。どんなに書いても足りないくらいに好きです。どうしたらわたしがこんなに伊集院北斗を好きなのが世界中に伝わるのか、そして何より伊集院北斗に伝わるのか?無力なのでゲームやったりこんなポエムを書くくらいしかできないのが悔しいです。
伊集院北斗を、アイドルとしても人間としても幸せにしたい。エンジェルちゃんたちに恋のような夢を見せてあげる伊集院北斗に、わたしからはキラキラした夢を見せてあげたいし、たくさんの幸せをプレゼントしたいです。わたし以外にだれがわたしの伊集院北斗を幸せにできるんだ!?という気持ちで生きています。Pの愛は重い。

おわりに

わたしはすごい考察もできないし、良いことも言えないし、絵も描けない、文章が上手いわけでもなく動画なんて何をどうして作ってるのかわからない。暦だって浅い。本当にできることがなくて、いろんな活動をしているプロデューサーさんを見て「自分に何ができるんだろう…」と思ってばかりで。だけどわたしがいることでわたしの伊集院北斗が少しでも輝けるなら、と思うし、それで誰かに「伊集院北斗、いいじゃん」と思ってもらえたら、これ以上ないくらい嬉しいです。そういうプロデュースができたらいいなあと思います。そろそろ以前、ネットのインタビュー記事でやってみたい仕事としてあげていた100人のエンジェルちゃんたちとのグラビア撮影ができるといいですね。マジで何言ってんの?

それではこのへんで。ここまで読んでいただき、ありがとうございました!

ミリシタの話

4月1日のエイプリルフールにわたしの大好きな曲「待ち受けプリンス」が実装されたと聞いて、ミリオンライブ!シアターデイズをインストールした。ミリオンと本家アイマスのキャラクターは全く知らなかったので、トップ画面にいる三色の女の子が所謂ニュージェネやドラスタ的立ち位置か、くらい。アイコンの黄色の子(当時ミリシタのアイコンは翼だった)が可愛いなと思っていたので、最初のコミュでは翼ルート(?)に入った。
伊吹翼は甘えん坊で、素直で、ちょっとワガママかもしれない。少しやれば大抵のことはこなせてしまう天才キャラ。だからこそ飽きっぽくなってしまう。スカウトされて、「アイドルになったらモテるかな?」と思い始めた、恋に恋するこの子はどこまでも14歳の女の子だ、と思った。Pラブっぽい描写もなんとなく「先生に好意を持つ女生徒」のような、身近にいる年上の男性に憧れる感じ。そんなところも可愛かった。
担当とはまだ名乗れないものの、気に入っている子は翼、そんな感じだった。

担当を作らないまま、わたしがログインしたりしなかったりのミリシタは先日1周年を迎えた。おめでとうございます。フェス限の未来、静香、翼(全員めちゃくちゃ可愛い)が実装されること、またフェス期間も含めて2週間無料10連の実施やみんなが主役、みんなが走れるイベントが開催されるなど、すごい気合の入った1周年だった。
翼を引くぞ!と無料10連と無償石で挑んだものの、引けなかった。引けたフェス限は未来だけだった。未来ちゃかわいい。
フェス期間中、貯めた無償石単発でSSRを引いた。天空橋朋花さん。「あ、子豚ちゃんの人だ」と思った。可愛いな、と思っていたから嬉しかった。衣装も可愛くて、引いた時に演出で見た覚醒後の絵柄はすごく神聖な雰囲気で、早速躍らせた。そういえば読んでないな、と思ってコミュを読んだ。一気に惹かれた。

彼女はアイドルを目指す理由を「子豚ちゃんたちに愛を与えるため」だと言った。朋花にはアイドルをする前からファンのような存在(=子豚ちゃん)がいるらしいこと。時々朋花のことが好きすぎて喧嘩をしてしまう困った子豚ちゃんもいること。
そんな子豚ちゃん達のために、自分がみんなの天空橋朋花──アイドルとして存在すれば平等に愛を与えられる……小さい頃から周りに愛されて育ってきた15歳の少女にとって、愛とは誰か一人だけに捧げるものではなく、自分のことを愛す者全員に平等に与えるべきものだった。感覚とか、本能とか、そういう部分で「わたしはこの子が好きだ」と感じた。
朋花に関して「子豚ちゃん」しか知らなかった時、てっきり属性はプリンセスだと思っていた(にわかですみません)。実際の属性はフェアリー。これもコミュを読んでいて、朋花の「子豚ちゃん」は女王様的なものではなく、あくまで「愛を与える対象」であり(子豚ちゃんという呼び方も可愛いかららしい)、その上に立つ朋花は「聖母」なのだと知り、彼女はフェアリーでいいのだろうと思った。

属性の話といえば、わたしはUNION‼︎の歌詞でフェアリーが「情熱のブルー」なのがすごくすごく好きだ。フェアリーの女の子たちはみんな芯の強さというか、自分の中に絶対に揺らがない価値観や強い意志、こだわりがある、そんな女の子たちの属性だと感じる。だから「情熱のブルー」が大好き。


インストールしたのは4月1日とは言え、ちゃんとプレイした日数で考えると1周年から始めたレベルだし、わたしはやっぱりまだ担当を見つけられていない。翼も朋花さんも好きだ。二人ともそれぞれ別の魅力がある。だが個人的に担当は一人に絞りたいというか、複数担当はわたしのスタイルには合わないと思っているので両者の担当は名乗れない。それに担当となる決め手もまだないような気もする。このジャンル特有の「担当」という文化、その言葉には重みがある(というか、重みのあるべきものなのかもしれない)。そう思う今日この頃。

担当婚活マラソン20位以内を走り切った話


やったよ北斗。

こんにちはあめこです。イベントお疲れ様でした!今回わたしにとって初めての担当上位、長期間の婚活にぶっ壊れボーダーとめちゃくちゃしんどかったのですがなんとか走りました!せっかくなので走り方というほどではないですが、こういう風にして走ったよ〜って感じで書いてみようと思います。これは多分時間をあまり使わずお金で解決した側の記事になるかと思います。あとどのソシャゲでも最初は自分でも走れるのかどうか分からないと思うので、そういう方の参考になるといいな。

開始前のアイテム等

開始前のスクショを撮り忘れてしまい…レベルもアイテムも大体これくらいだったはず…です。すみません。
レベル 204くらいだったような 終了時239くらいまで上がりました
ゼリー 64個
ハーフゼリー 511個
バー 184本
ミニバー 3037本
メガフォン 490個(スタダ買い占め込み)
他にトレード用のゼリーも貯めていましたが、今回バーとのアイテムトレに使いました。
わたしは去年の8月に始めたので、P歴は10ヶ月です。上位入賞経験もない初心者。今までの最高順位はライブ2000位以内。マラソンが一番苦手で、いつも全てのエリアをクリアせず期間が終わるようなユーザーです。偶然にも去年のバイトレジェ婚活中に始めた人間が婚活上位で初めて走ることに。

走るコツ(?)

…というほどでもないですが、走ってみて最低限やった方がいいこと、気分的に楽かもしれないと思ったことです。

メガフォンを貯めておく

これが本当にめちゃくちゃ大事です。マラソンは「お金でなんとかなる」部分が大きいなーと個人的に感じていて、このお金でひたすらメガフォンを買うイベントです。もちろんイベント中でもメガフォンセットを買うことはできますが、スタダやラスパと言ったセットの方が圧倒的にお得です。仕方ないですが、やはり買いながらもったいない…と感じてしまい…もしも今後担当がマラソン上位にきそうだと少しでも思うのであれば、ラスパ(スタダよりこっちの方がお得です)を毎回1つでも買って貯めておいた方がいいです…来なかったらもったいないけど…。
メガフォン同様ゼリーも必要ですし、何より思った以上にバーの消費が激しかったです。メガフォンを割れない時は基本バー走りで稼いでました。走る前は「マラソンだからバーはそんなにいらないだろうな」と思ってたのですが…そんなことはなく……。本当にバーを食べるかメガフォンを割るかのゲームでした。とにかくなんでもアイテムを貯めるのは大事ですね…。

同僚さんを増やす

増やして損することはないので、上限まで埋めておきましょう。フォロワーさんと同僚になるとお互い助け合えていいかもしれません。ただギフト機能が使えるのは同僚になってから2週間後です。注意。

目標設定

サイドエムではユーザー同士でトレードができます。上位SRは場合によってはトレードで済ませた方が安上がり…なんてこともあるようです。消費アイテムを見たらわたしも完全にこれですね。ただ、カードは後からでも手に入りますが、同じイベントは二度とありません。カードを手に入れたい、称号が欲しい、担当上位を走りたいなど色々あると思いますので、自分がこのイベントに何を求めるのか考えてどこまで走るかを決めておくといいかもしれません。

ガシャ

ラソンを走るなら、できれば特効は100%にした方がいいです。ただなかなか出ずガシャに課金しすぎた…というのももったいないので、ガシャにあてる金額は上限を決めておいた方がいいですね。

ボーダー予想

よくイベントが始まると過去イベントのボーダーを参考に日割りして1日何pt稼げば良いか計算している方がいますが、わたしは頭が悪いのでそんなことは考えずとりあえず順位見て走ってました。でも余裕があればこういうのも考えた方がいいのだと思います…。

休憩

イベント中の休憩は好きな子と話しましょう。その方が楽しいです!わたしは今回推しの子が特にいなくて「質問内容が面白い」かつ「ボナタイ回答がわかりやすい」という理由からクリスに話しかけ続けました。イベントが終わる頃には推しになってました。
圧倒的回数...

イベント期間の記録

  • 初日

始まってすぐPエン35枚を溶かすも0。気を取り直して特効100%にするためにガシャ。運良く18人スカウト+チケットで天ヶ瀬2枚が揃いガシャは終了。スタダを買い占める。
とりあえず順位を上げないと走るに走れないのでメガフォンを割って20位まで持っていく。16日1時1分、レポートから報酬SRチケが出る。底覚悟で回していたのでちょっと困惑。でもPエンで引けなかったぶん早くにカードが手に入ったのは助かりました。どうせ走るにしても、手元にカードがあるとなんとなく安心感。夜中のうちに差し入れとアイテム類を全て引き切り箱リセット。レポート箱の引きが良い。

  • 2日目〜4日目

メガフォンとバーがどんどん減っていく恐怖に耐えられずはやくもダレる。初日20位まで持っていくもだらだらと触ったり触らなくなったりを繰り返していたら20位から弾かれ、30位、40位…とどんどん落ちていく。「やっぱり20位は無理かな〜」と思い、この辺りは150位に残る方向。

  • 5日目

ふと思い立って今の順位から何ポイントあれば20位に戻れるのかを計算する。手持ちのメガフォンと最初に入れたモバコインでメガフォンを買えば追いつけるポイント差。よし、なら入ろうとメガフォン割りまくって一気に39位から20位に。530個くらい使いました。
長期間マラソンはメガフォンを大量に割る覚悟があれば数日休んでもなんとかなるっぽい。気乗りしない時は休んでOKということにした方が精神的に楽だと思います。この日は20位入ったり出たりを繰り返し。同じように自分も20位入りたい!やっぱ無理諦めよう!を何度も繰り返す。

  • 6日目

メガフォン追加。20位〜13位あたりをうろうろ。1000万ポイントを超える。走ってるとすぐに順位が上がったり下がったりするので14位13位のあたりがめちゃくちゃ団子なことに気付く。13位でお昼を食べるために外に出て一旦休憩。帰ってくると18位まで下がっていてこんなことある?になる。
報酬や差し入れで手に入ったPエンをその都度回すも一向に北斗は出ず。箱からも2枚目の確定は出ず。周りがチェンジしている中、同じように走っていてチェンジできてないのがだんだんキツくなってくる。悲しい。

  • 7日目

アイテムが持つかだいぶ不安になってくる。アイテムトレードをかけて、声をかけてくれたフォロワーさんや同僚さんにバーと交換してもらう。いつかの【RUSH AT】の為に貯めていたゼリーが面白いくらいあっという間にバーに変わり、そのバーも秒でなくなる。
アイテムトレードを募集するかはかなり迷ったのですが結果的に貯めてた分だけではとても足りなかったので、「いつかの北斗より目先の北斗」にしてよかったと思っています。RUSH AT…。21位とか18位とかをうろうろ。

情緒不安定すぎて俺、このまま走るべきなのか?俺よりもっと北斗を真剣に愛する人がいるんじゃないのか?俺は不純な気持ちでやってるんじゃないのか?ってなってたんだけどそんなこと考えた時点で負けなんやな となり やらなきゃ と思う

というツイートがありました。精神がやられてる。

  • 8日目

ちょうどキッズステーションで放送している「ボボボーボ・ボーボボ」を見ながらやると不思議とマラソンが捗ることに気付く。走る。夜中にはフォロワーと通話しながら走る。

  • 9日目

この日10時半時点でアイテムスクショがバー383個、ミニバー96個。20位〜17位あたりをうろつくも周りも走ってるので抜いては抜かされ。
18時49分にリセット後の箱から報酬SR確定チケを引く。ありがとう北斗、ありがとう婚活……。ラスト2日にしてやっとチェンジ。ここまできたらイベント終わってやっと会えた〜涙するつもりだったのですが、やっぱり嬉しかったですね。Pエンには愛されなかったけど差し入れには愛された…。

  • 10日目

この時点でメガフォンの残りは459個。そして当初の予算を超えてました。まあ予算はあってないようなものなので気にしません。担当との結婚費用と思えば安い。

え〜、わたし気付いちゃったんですよ。どうしてボーダーがこんなに高いのか!ヒントは、今回の上位報酬が伊集院北斗であること。ん〜ふふふ、古畑あめ三郎でした。(北斗「何してるんですか」)

ツイートにだいぶ疲れが見える。
明日の最終日に迎えてメガフォンは買い足して707個。これで足りるのか、みんなもっと貯め込んでるのか悩んでいるとフォロワーさんから「多分それで走りきれるんじゃないかな」と言われ、少し安心。バーを100個残し、18位で就寝。

  • 最終日

9時半に目覚ましをかけていたものの9時前に目が覚める。まだ寝ぼけながら通知を開くとフォロワーさんから「起きてください!走ってください!まだ間に合います!」というリプライがきている。嫌な予感がしてサイドエムを開くと22位でした。もうこの時は一気に目が覚めて、サーーーッと血の気が引いていくのが分かりましたね…。マジでこのまま死ぬかと思った。無我夢中でメガフォン3個を割り続け、9時25分時点でメガフォンを340個残し17位。その後も張り付いて残りのバーを食べながら走り続け、終了1時間前に不安になりメガフォンを購入。結果的にはこのメガフォンには全く手をつけず終了しましたが、メガフォンはあって困るものではないのでよしとします。ラスト1時間はほぼメガフォンを割らずゼリーや余ったバーで走っていましたが、途中レポートを提出する余裕もあり、そんなに大きく順位は動かなかったような。ラストに焦るというより、最終日起きて焦る感じでした。

ゼリーバーはほぼ使い切り14位でフィニッシュ。お疲れ様でした!

走り終わって

今回課金したものは前回の九十九マラソンラスパ1、スタダラスパ全部、1日1回限定パック毎日、メガフォン10+3セット83?個(曖昧)、18人ガシャ1回。開始前の予算は10万、最終的には13万くらい使いました。ガシャが1回で済んだのは本当に幸運でした。R引くのにもひと苦労ですよねサイドエム…。


こうして振り返ると5日目のメガフォン爆割りがもったいなかったように思います。休んでもなんとかなりますが、やっぱり最初から目標をちゃんと決めて毎日走るのが一番いいですね…。ただ無理のある目標設定は精神的にもアイテム的にもしんどいので、時には目標を見直すことも大切なのかも…といっても初めて走るイベントだと自分がどこまでいけるのかなんて分からないですし、わたしも分からないまま「とりあえず行けるところまで行きたい」で走り始めたので、そんな感じで大丈夫です!できます!

今回走り切れたのは、たくさんのフォロワーさんや同僚さんが応援してくれたり助けてくれたからです。特に何百本ものバーをトレードしてくださった同僚さんには、感謝してもし尽くせません…。本当にいろんな方にお世話になり、ソシャゲは金で殴りあう世界だけど、人と人が助け合う世界でもあるんだな…と感じました。(!?)
わたしの場合、フォロワーさんの北斗Pも同じく上位を走っていたのでツイッターでその方が走ってるのを見てわたしも走らないと!とやる気をもらえることも多かったです。そのフォロワーさんが優しくて、最終日前に過去データをもとにボーダーの伸びを予想してアドバイスをくれたりして…。本当にありがたかったです。

そんな感じで、いろんな方に助けられた婚活でした。走っている最中はしんどい、やめたい、はやく終わって欲しいばかり思っていましたが、それでも終わってみると不思議と楽しかったような気がしてくるのです。あと達成感がすごい。人生で一番頑張った事、間違いなく婚活です。
担当上位が来た方、来たら走ろうと思っている方、頑張ってください!応援してます!!


世界一綺麗だよ、北斗!

担当上位がきた、婚期も来た


ありがとう………。


というわけでこんにちはあめこです。皆さん元気ですか?婚活予告見ましたか?今回は予告がくるまでのあめこの精神状態を書いたただのチラ裏あめこダイアリーなので読んでも楽しくないです!めちゃくちゃ死にたがってる。



5月28日
毎月恒例事務所での1コマ(通称寸劇)、組み合わせはBeitと予告側にJupiterということでTLがざわつく。覚悟する。3月に冬馬上位、5月に翔太上位ときていたので早くて7月に北斗上位の流れかと思っていたのですが、ここでくるということは6月中に?ペースが早い。以前から噂されていた婚活北斗上位が真実味を帯びてきた。死ぬか。サイドエムは何故かウエディングイベが6月と限らないのが面白い。サイドエム始めて最初に思ったこと「なんで8月にウエディングイベやってんの!?」だったな。

〜6月3日
はやく殺して〜はやく死にたい〜が口癖になる。ソシャゲで希死念慮。6日目の寸劇が最高だった。婚活婚活言ってるけど別にまだ婚活と決まったわけじゃないしここで全く関係ないイベントがくるかもしれないと落ち着かせるものの結局何かしら約束された北斗SRがくることに違いないのでつらい。

6月4日
一人で待っていると死にそうなのでフォロワーに頼んで寸劇更新まで通話を頼む。世界一長い1時間47分だった。事あるごとに「まだ○分もある…死ぬ…死ぬか…」と弱音を吐く。フォロワーは普段サイドエムをしていないのに一緒にモバ開いて寸劇を見てくれた。優しい。0時。翔太「自分も北斗君の花嫁「あーーーー!!!!!!!!!」あっけなく死。指の震えと混乱で寸劇をうまく読めない。なんか横文字が見えたと思ったら共演相手はドラスタの皆さんだった。タイトルが「忘れられないウエディングにしよう」。死。TL阿鼻叫喚。いろんな人に生存確認をされる。元気に死亡報告をするも「ここで頑張らなきゃどこで頑張るんだ」と思い腹を括る。初めての担当上位、初めて自分が担当のために何かできる日がくる…。無理って言わない!始まる前から諦めない!と思うも、既にメンタルがボロボロ。寸劇予告ではまだ上位かガシャかは分からないものの完全に上位の頭。上位の場合ほぼ2年ぶり北斗上位、婚活、勝敗を決めるアイテムは持ち越し可能のメガフォン…とボーダーぶっ壊れの予感しかない。死?

6月5日
最近は寸劇予告即回収の傾向にあったのでここでくる…くる…と思っていたら来ず。延命してしまう。しょーまさんがカッコいい。またしてもメンタルがボロボロボロ。情緒不安定すぎて躁鬱ツイートが増える。めちゃくちゃしんどい。

〜6月11日
時差でめちゃくちゃ虚無る。本気で全体的に精神状態が良くなく全てのものに興味を持てず楽しめず、風呂入っても寝ても回復しない鬱がくる。人生にもソシャゲにも疲れる。本気で死にたいという感情しかない。もう走れないかもしれないレベルまでモチベが低下する。こんな気持ちで走っても…と思い本気で悩む。このままやめるか、走り切ってから引退するか、無言で垢消すか、毎日そんなことばかり考える。鬱すぎ。

6月12日
予告が来た。ボロボロ泣く。めっちゃかっけーーーー何これ人生!!??バナー見ても何も思えなかったらマジで「死」だなと思っていたので、ちゃんと泣けてよかったなあ〜〜…本当に…。わたしちゃんと伊集院北斗が好きなんだなあということを再確認できた瞬間。通話中にも関わらず普通にガチ泣きしてフォロワーには迷惑をかけました、ごめんなさい。ありがとう。生きててよかった。オタクは重い。

一方、披露宴会場での打ち合わせを終えたJupiterは会場の隅であるものを発見。 その出会いをきっかけに、北斗は冬馬と翔太に自身のことを語り始める。

いやーーーここーーーーここさーーーー……。ピアノなんですかね………ピアノだよなあ…………どうしてこんなことに………………ありがとう………ありがとう………ありがとうアイドルマスターSideM……それしか言えない……………。

もう全てにおいてあーあーあーなので(!?)、死ぬ気で頑張ります。あまり気張らず頑張るって言ったけど、こんなん死ぬ気で頑張る以外ないやろ!!!!!!がんばるぞー。走ったらまたレポを書きます。モバコイン用意しなきゃ…。

カウントダウン2017の話

カウントダウン2017、それはアイドルマスターSideMの1年を締めくくる、素晴らしいカードである。
この記事では、カウントダウン2017=【カウントダウン2017】伊集院 北斗+ とさせて頂きます。


2017年12月25日から12月31日にかけて開催された、JupiterとF-LAGSによるイベント「新年へJUMPING!大晦日スペシャルライブ」を覚えているだろうか。わたしの担当である伊集院北斗も、ポイント報酬Rとして登場している。…あのとんでもない、ピチピチ脇出しヘソ出し衣装で。

おそらく315プロに勤めるプロデューサーであれば見たことがあるだろう。入手しやすく、かつインパクトのすごいカード。イベントフラッシュでチェンジ後の画像を見たとき、わたしはただこう思った──「ヤバいカードだ……」と。


この文体やりにくい。伊集院北斗はこのカウントダウン2017で初めて脇を出しているんですよ。脇の北斗…。水着カードである【渚のサンシャイン】+でも、パーカーを羽織っているので脇は出していないんですよね。(わたしは渚のサンシャインも大好きなので、これもそのうち書きたい…。)

カウントダウン2017は、正直に言ってめっちゃくちゃ…なんというかこう…キツイ…ヤバイ……です。物理的にもちょっとキツそう。すごくパツパツ…。個人的にいい衣装とは思っていません。北斗のイメージとは明らかに合ってないとも思います。にも関わらずこれでひとつ記事を書こうと思うほど好きな理由は、チェンジした時のセリフにあります。


「こんなに露出度高くて大丈夫かな。倒れるエンジェルちゃんが出るかもしれないとスタッフさんに伝えてもらえます?」


多分わたしは、カウントダウン2017が恥じらう表情だったり、困惑しているようなセリフのカードだったらここまで好きではないと思います。このイラストで、このセリフだから好きなのです。伊集院北斗はすごく自信に溢れていて、堂々としていて、自分がこの衣装を着たことでエンジェルちゃんが卒倒するのでは?という心配までしているのが、伊集院北斗のそういうところ…好き……!ってなるんです。カウントダウン2017は、かっこよくて優しくてモテモテで頼りになって、しかも何故か面白い。そんな伊集院北斗の魅力を感じることができるように思います。伊集院北斗はかっこいいだけじゃないし、面白いだけでもないのですよね。


カウントダウン2017はチェンジ前がすっごくかわいいんです。
このかわいいカードを2枚重ねるとあれに…。
絵はもちろん、セリフも何かとプロデューサーの世話を焼きたがって可愛いんです。信頼度MAXセリフは胸にくるものがあるというか、ちょっと照れちゃいますね。あとマイデスクのセリフもじーんとしちゃうし…カウントダウンライブは雑誌もすっごくいいんですよ。伊集院北斗伊集院北斗らしさ─自分のことより人のことを優先しがちだったり。だけど今の彼は人にあれこれするだけじゃなく、自分のことを気にかけてくれる仲間がいて。アイドルとしてではなく、人としての彼らしい一面を見ることができます。オススメ雑誌です。


もしカードが手元にあってまだチェンジしてない方がいたら是非、チェンジさせてみてください!カウントダウン2017は強いカードというわけではありませんし、絵アドが特別いいわけでもありません。ですがもしもチェンジさせて、あなたの事務所に置いてもらえたら。更にそこに何かを感じてもらえたら、とても嬉しいです!ここまで読んでくださってありがとうございました。