心中ペンギン

アイドルという概念と死の話が好きなオタクです。好きなもののこと、考えたことなどを書きます。

第一回勝手に担当カバー曲妄想

タイトルまんまです。オタクはイメソンの話が大好き。
ずっとSideMにも(他アーティストの)カバー曲を出してほしい!!と思っているプロデューサーによる妄想記事です。妄想です。奇跡的にこの企画立っても今の状況では十中八九カバーの前にもっと曲増やせって怒られるのが見える。


香菜、頭をよくしてあげよう/筋肉少女帯


筋肉少女帯の中でも特に好きな曲です。婚活イベントを経て「伊集院北斗、これ歌えるんじゃないか?」と思うようになりました。逆にそれまでは全く考えたことのなかった組み合わせですね…。

ちょっとサブカル趣味な"僕"と、「犬以下にバカなの」と無邪気に笑う"君"。そんな"君"を抱き締めてあげる以外に何か愛す術はないのか?と考え、「頭をよくしてあげよう」「生きることに怯えぬように」とカルト映画を教えてあげたり、泣ける本を選んであげたりする"僕"。ここまでは自分で打ってても伊集院北斗っぽくはないな〜と思うのですが、ラストの歌詞を、すっっごく彼に歌ってほしいんですよね…。

香菜、いつか恋も終わりが来るのだから
香菜、一人ででも生きていけるように

生きることに怯えぬようにと名画座や図書館に連れて行くほどに"君"を大切にしているにも関わらず、"僕"は"君"との恋がいつか終わるのだと確信している。【誓約の口づけ】伊集院北斗の信頼度MAXセリフを見たときに、頭の中にこの歌詞が浮かんできて。

全エンジェルちゃん、エンジェルくんを愛していると公言にしているのに、「恋愛感情で一生同じ人を愛し続けるのは無理かもしれない」と語る彼の寂しさが、どこかこの恋はいつか終わると言う"僕"と重なるような気がしました。本当になんとなくですけど。


めちゃくちゃ推したい一曲ですが、ただ歌とは言え伊集院北斗に特定の女性名(香菜)を愛させるのはどうなんだ?と思うところもあります!!全国の「カナ」という名のエンジェルちゃんたちは大勝利ですが、圧倒的にそうではないエンジェルちゃんエンジェルくんが多いことを考えるとウムム、となってしまう。
一方でこれまで切なくも力強く歌い上げる「結晶〜Crystal Dust〜」、オトナな恋愛を楽しむ激しめな「ROMANTIC SHAKER」の二つの楽曲を歌ってきている伊集院北斗に、こういう今までにない曲を歌ってほしい〜というのもすごく思うんですよね。既にある曲の系統で北斗に合うなあ、歌ってほしいなあって曲もいくつかあるのですが。これこそカバーじゃないと絶対歌わない雰囲気ですし。


この曲は完全に伊集院北斗だ!というわけではないのですが、カバーということであればキャラクター性も考えつつ、ちょっと意外なところを攻めてみるのもアリだよなと思って書いてみました。あとはもうわたしが歌ってほしいだけですね……。
そんな感じの第一回勝手に担当カバー曲妄想でした。