心中ペンギン

実在しない人が好きです

辻野あかりPによる辻野あかりの話

こんにちは。モバマスでは辻野あかりを担当しているあめこです。

あかりんごこと辻野あかりさん

辻野あかりは田舎から出てきた、都会のイメージがちょっとズレてる…?可愛い女の子です。都会で流行ってると聞いて(どこで聞いたんだ)語尾に無理やり「んご」をつけるなど、多少おばかなところがあります。初登場時こそんごんご言っていましたが、だんだんとんごが抜けてきましたね。都会で流行っているわけではないことに気付き始めている。
山形のりんご農家の娘で、アイドル衣装でも「山形生まれのりんごアイドル、あかりんごこと辻野あかりで〜す♪」と言っているものの趣味はラーメンと編み物。りんごの精らしいりんごろうさんというキャラクターを「こいつ」呼ばわりと、なんともガバガバな設定がオタク心をくすぐります。
それでも山形りんごが好きなのは本当らしく、セリフはとにかくりんごをゴリ押し、クリスマスやバレンタインですらりんごを食わせてくる辻野あかり。

さらにはホワイトデーのお返しをもらい、りんごの味が忘れられなかったんですね!と解釈する始末。


マジでかわいい

「目立つの、得意じゃないんご…」「私がアイドルで、よかったのかな?」と不安になりながらも「あは♪アイドルって意外と楽しいっ!」というセリフがあったり、歌が下手なことで悩んでも「でも、レッスンを受けるってことは、これから上手になれるってことで!私、まだ伸び代があるんじゃないですか?ですよね!」とポジティブに考えられる性格。さらに「山形のりんごって、美味しいのに全国3位で。だから私も…諦めてたのかな。私は、やるなら1番になりたいです、プロデューサーさん!」と向上心もあります。「ん〜、あかりんご、これからブレイクしちゃうな〜!したいな〜…!」というセリフがとても好きです。辻野あかりよ、貪欲であれ。

ブレイク機能で最強になった辻野あかり

辻野あかり、実装時にんごさえなければなんj民アイドルwwwwとネットで遊ばれることもなく正統派Cuと呼ばれるアイドルだったのでは…と思わずにはいられません。ですがそのんごも、語尾選びが悪かっただけで田舎の女の子が一生懸命都会に馴染もうとしているだけだと思うので、やはり彼女はCuですね。


新アイドルが7人追加されることが告知され、SSR、楽曲、ボイスなどの現状から良くも悪くも注目されていた中で先陣を切って実装された辻野あかり。実装当初は個性的すぎる、ネットキャラはキツイという評価が多かったように思いますが、後に続くあきら、りあむが彼女以上に個性的だったり、7人の内4人がデレステで実装されるなど、新アイドルが実装されるたびに「辻野あかりはむしろ普通」とされていったように感じています。あまりいい言葉ではないかもしれませんが、相対的に評価が上がっていったところがあるかと。

さて、無課金ゆるプレイながらも3年程度はアイドルマスターシンデレラガールズというコンテンツに触れていたわたしが辻野あかり担当を名乗ることになったのは、ただシンプルに「応援してあげたいな」と思ったからです。それがファンとして応援ではなく、プロデューサーとして彼女を素敵なアイドルにしてあげたい、という気持ちの「応援してあげたい」だったんだと思います。

ここからはかなりメタ的な見方の話ですが、わたしが辻野あかりを応援したいと思ったのには彼女の置かれた環境、タイミングも大きく影響しています。少し前にも書いたようにモバで登場した新アイドルの残り2人が色んな意味で強い。ツインテールにギザ歯にマスク、ファッション垢持ち動画配信者…属性盛りすぎまである砂塚あきら、今までにない目を引くビジュアルに「やむ!」「ぼくをすこれ!よ!」などのセリフでインターネットを騒がせた夢見りあむ。この二人は即Twitterの絵描きに目をつけられあちらこちらからイラストが回ってくるのに、二人に比べてちょっと地味なあかりんご……というのが効いています。オタクはそういう子にこそ惹かれてしまいますね、俺が応援してあげなきゃ!!みたいな。厄介キモオタ根性。


先日第8回シンデレラガール総選挙の開催が予告されました。一部は既にボイス持ちとはいえアイドルが7人増えたことでどう変わるのか気になります。頑張るのは苦手だと語る彼女に、実る努力があることを教えてあげたいですね。辻野あかり、結構可愛いじゃんと思ったら是非投票してあげてくださいね。